放射線技師になるために!大学生活で大事なこと

放射線技師になるために!大学生活で大事なこと

男女

入学一年目

放射線技師の大学に入学することができたら、しっかり勉強をしましょう。医療の学校は専門用語が多くとても苦労します。大学の始めの一年間は基礎を学ぶことが多いのでしっかり、学業に励むことが大切です。また、技術を学ぶために、病院でバイトをする人なども多くいます。余裕ができてきた頃に始めると良いでしょう。現場を味わうことで、就職にも有利になります。

国家資格を取る

大学は国家資格の合格が見込める人以外は進級や卒業をさせることはありません。卒業するにも、放射線技師になるにも国家資格取得が必ず必要です。しかし、大学四年間しっかり勉強すれば、進級テストや国家試験は受かりますので、勉強を怠らないようにしましょう。

実習を行う

大学での大きなイベントは病院への実習です。大学や専門学校に通っていても、実習に耐えきれずにやめてしまう人が多いようです。しかし、実際に実務経験をすることはとても大切です。短い実習生活ですが、実習先を決める時は自分に合った病院を選びましょう。実習先に卒業後に就職する例も多くあるのでしっかり取り組みましょう。

放射線技師の大学の特徴

学費が安く済む

放射線技師になるには大学に通うか、専門学校に通い国家資格を受けなければいけません。その場合は大学に通うほうが学費を抑えることができます。一番学費が安いのは国公立の大学です。専門学校は三年間で約400万円かかります。しかし、国公立大学の場合は四年間で約250万円です。このように大学に通うことによって、費用を抑えることができます。奨学金制度などのチェックも行ないましょう。

入学難易度

専門学校に比べて放射線技師の大学に入るのは難しいようです。大学の一般入試はセンター試験と大学からの試験を受けます。その結果で合否が決まります。人気の学科なので受かるのは難しいようですが、大学に通うことで基礎からしっかり学ぶことが出来るので大学がオススメです。

就職サポート

大規模名病院の場合は大卒者の就職が有利になります。専門学校と比べると、初任給の差はあまりないのですが、経験年数を考慮して給料を決める病院もあるようです。放射線技師の仕事は実力主義の世界なので、学校に通っている間に、しっかり技術を身に付けておきましょう。病院の求人の多くは、大卒者へのものが多いので様々な病院を比較してみましょう。

高度な医療に携われる

放射線技師の大学の仕事には医師の診察の元、患者に放射線を照射するという仕事を行うので、大学で医学物理士の資格を取る必要があります。それを取ることによって、高度な医療に携わることができます。また、治療計画のシミュレーションを立てることが出来るようになるのも大きなメリットです。

空き時間を有効に使う

放射線技師の専門学校は入学するのに比べ卒業するのが難しいと言われています。しかし、大学の場合は四年間かけて学ぶことが出来るので、資格を取得して卒業する人がほとんどです。また、社会人で資格を取るために、学校に通いながら空き時間に病院でアシスタントのアルバイトなどをする人もいるようです。

広告募集中